産経ニュース

【バレーボール】2季ぶりVのNEC、リオ五輪落選の古賀が奮起 選手層に厚みも

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【バレーボール】
2季ぶりVのNEC、リオ五輪落選の古賀が奮起 選手層に厚みも

 2夜連続でフルセットにもつれた激闘を制し、NECが2季ぶりの頂点に立った。「お互い、意地を出し合って戦った。思い出に残る試合」。多彩な攻撃を演出したセッター山口は感慨深げだった。

 気を吐いたのは20歳の古賀。第1戦は精彩を欠いたが、この日は相手ブロックを見極めて豪快に打ち込み、アタックでほぼ倍増の18得点。ブロックではチーム最多の3得点を挙げた。リオデジャネイロ五輪代表から落選した昨夏、NECに戻って「一から頑張ろう」と猛練習に励んだ成果を大一番で発揮。山田監督も「プレーヤーとして一皮むけた」と目を細めた。

 一昨年は内定選手だった古賀、新人賞を獲得した柳田ら、台頭する若手がNECを10季ぶりの優勝へと押し上げた。歓喜を味わったことで、チームには常に頂点を狙う風土が形成され、今季はリオ五輪代表の島村が控えに回るほど選手層は厚くなった。5月には世界クラブ選手権(神戸市)に初出場する。山田監督は「日本のバレーが優れていると世界に認めてもらう試合をやりたい」と意気込んだ。

(奥村信哉)

「スポーツ」のランキング