産経ニュース

五輪招致不正疑惑でJOC会長ら任意聴取、違法性を否定 仏の要請受け東京地検特捜部

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


五輪招致不正疑惑でJOC会長ら任意聴取、違法性を否定 仏の要請受け東京地検特捜部

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長=リオデジャネイロ(共同) 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長=リオデジャネイロ(共同)

 2020年東京五輪招致をめぐる不正疑惑で、フランス当局からの捜査共助要請を受けた東京地検特捜部が、五輪招致委員会で理事長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(69)ら関係者数人から任意で事情聴取していたことが8日、関係者への取材で分かった。

 竹田氏は同日、産経新聞などの取材に応じ、聴取を先週受けたことを認め「今まで話してきた事実関係を話した」と述べ、違法性を否定したと明らかにした。

 不正疑惑は、世界反ドーピング機関の第三者委員会が国際陸上競技連盟のラミン・ディアク前会長らによる汚職を調査した過程で浮上。招致をめぐり東京側から多額の資金が、当時国際オリンピック委員会(IOC)委員だったディアク氏側に渡ったとされた。

 フランス検察当局は、2013年に同氏の息子に関係するシンガポールのコンサルタント会社の銀行口座に日本の銀行から計280万シンガポールドル(約2億2200万円)の送金があったと指摘したが、竹田氏は業務契約に基づく正当な支払いとしていた。

 JOCの調査チームは昨年9月、契約に違法性はなく、IOCの倫理規定違反にもあたらないとする調査報告書を公表した。

続きを読む

「スポーツ」のランキング