産経ニュース

【谷真海のパラリンピアン・ライフ】レースに本格参戦の年に、元日から始動「道切り開いてこそ成長あり」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【谷真海のパラリンピアン・ライフ】
レースに本格参戦の年に、元日から始動「道切り開いてこそ成長あり」

トレーニングするパラリンピックの谷真海=1月18日、東京・芝浦のウイダートレーニングラボ(酒巻俊介撮影) トレーニングするパラリンピックの谷真海=1月18日、東京・芝浦のウイダートレーニングラボ(酒巻俊介撮影)

 1月3日。シーズンの本格的なトレーニングを東京都内で開始しました。ウイダートレーニングラボで午前10時すぎから約2時間、コンディショニングメニューで体をほぐし、続いて体幹などをみっちり鍛え、最後は外へ出てジョギングでも汗を流しました。

 元日と2日は五輪が開催される湾岸エリアで走り、自転車に1歳の長男を乗せた夫が並走してくれました。1日8キロずつ、新年の静かな朝の道を走るのは気持ちが良いものでした。思い返せば1年前は5キロすら満足に走るスタミナがありませんでした。瞬発系の走り幅跳びから転向し、身体が少しずつですが、トライアスロンに適用し始めていることを実感します。

 昨年はトライアスロンの「土台」を作る1年でした。今年はいよいよレースに本格参戦。海外遠征も予定しています。実戦で経験を積みながら強化を図っていくつもりです。レースで簡単に勝てるとは思っていません。走り幅跳びのときもそうだったように、強い選手にもまれながら、世界で戦える選手になっていきたいと思っています。

続きを読む

このニュースの写真

  • レースに本格参戦の年に、元日から始動「道切り開いてこそ成長あり」
  • レースに本格参戦の年に、元日から始動「道切り開いてこそ成長あり」

「スポーツ」のランキング