産経ニュース

【きょうの人】松田力也さん(22)V8・帝京大ラグビー部SO 「信じてきたことをやりきれた」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【きょうの人】
松田力也さん(22)V8・帝京大ラグビー部SO 「信じてきたことをやりきれた」

松田力也さん(長尾みなみ撮影) 松田力也さん(長尾みなみ撮影)

 帝京大でプレーした4年間、主にスタンドオフ(SO)として常勝軍団を引っ張った。一度も大学選手権のタイトルを逃すことなく、母校の連覇を「8」へ伸ばす原動力となった22歳。苦楽をともにしてきた仲間と喜びを分かち合い、「信じてきたことをやりきれた」と穏やかに笑った。

 的確なプレー判断と鋭い突破力、高精度のプレースキックを兼ね備える司令塔。年代別代表の常連で、昨年6月のカナダ戦ではフル代表でもデビューした。五郎丸歩選手の「次」を担うスター候補でもある。

 集大成のグラウンドでも冷静だった。後半途中までリードを許しても「流れはくる」と落ち着いて試合をコントロール。劣勢だったFWを「五分五分にやれているぞ」と鼓舞して逆転を呼び込み、司令塔にふさわしい働きを見せた。

 帝京大では入部時に将来のゴールを設定するのが慣例だ。掲げたゴールは「大学日本一」と「日本代表入り」。向上心は衰えず、居残りでのプレースキック練習はおなじみの風景になった。「尊敬される人間になる」というグラウンド外で掲げた目標に向けても、汗の量を惜しまない。

 金字塔を置き土産に、卒業後はトップリーグのパナソニックでプレーする。各国代表クラスのタレントがそろう強豪を選んだのは、「自分が最も成長できる環境だから」。2年後、自国開催のワールドカップで代表を引っ張る姿を思い描きながら、精進は続く。(奥山次郎)

「スポーツ」のランキング