産経ニュース

【スポーツ異聞】「野球殿堂」は正しく評価されているか? あのバースでさえ選ばれない裏事情 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「野球殿堂」は正しく評価されているか? あのバースでさえ選ばれない裏事情 

阪神の主砲として、1985年の日本一に貢献したバース=甲子園 阪神の主砲として、1985年の日本一に貢献したバース=甲子園

 日本で「野球殿堂」が創設されたのは1959(昭和34)年のこと。米国に遅れること四半世紀近く、野球人にとって最高の栄誉には「日本の野球の発展に大きな貢献した人々の功績を永久に讃え、顕彰する」という思いが込められている。国籍は問わない。ところが、プロ野球発展に寄与してきた、いわゆる“助っ人”の受賞が極めてまれである。実は三冠王を2度達成した、あのランディ・バース(阪神)でさえも「プレーヤー表彰」での受賞を逃してきた。外国人を冷遇するスタンスは日米で共通するといわれるが、日本の場合「閉鎖的なムラ社会」が影響しているという声を聞く。

 野球殿堂は、長年、野球を取材する新聞・テレビなどの記者による投票によって決まる。もちろん、公平性と中立性が求められるが、どうしても“身びいき”になりやすいのは記者も人の子である。人気薄な外国人や品行に問題ありの選手、リップサービスが下手な選手は、同じ活躍をしても不利になりがちな傾向があるという。

 例えば、当代きっての“世渡り下手”といわれた毎日オリオンズの天才打者、榎本喜八(1936~2012年)は、引退から40年以上が過ぎてから、没後に野球殿堂(エキスパート表彰)を受賞した。現役時代からチームメートと余計な付き合いをせず、「変人」のように扱われた一面があった。同時代のスーパースター、長嶋茂雄とは人気で大きな隔たりがあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「野球殿堂」は正しく評価されているか? あのバースでさえ選ばれない裏事情 
  • 「野球殿堂」は正しく評価されているか? あのバースでさえ選ばれない裏事情 
  • 「野球殿堂」は正しく評価されているか? あのバースでさえ選ばれない裏事情 

「スポーツ」のランキング