産経ニュース

【スポーツ異聞】2017年、41歳タイガー・ウッズの復活はあるか 心技体にこれだけの不安要素 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
2017年、41歳タイガー・ウッズの復活はあるか 心技体にこれだけの不安要素 

昨年12月、自ら主宰の大会でウッズは16カ月ぶりに本格復帰を果たした(AP) 昨年12月、自ら主宰の大会でウッズは16カ月ぶりに本格復帰を果たした(AP)

 メンタル面に加え、左膝の度重なるけがや、最近の3度の腰の手術で体調は決して万全ではない。ヒーロー・ワールドチャレンジ前には「確かに(引退を)考えた時もあった」と明かしている。

 それでも復帰にこぎつけたウッズだが、ヒーローでは24バーディーを奪う一方で、8ボギー、6ダブルボギーをたたいている。「つまらないミスを何度も重ねた」と現状を振り返った。決してアグレッシブだった往年のウッズではない。

 不安ばかりのウッズだが、過去には40代でメジャー制覇した選手は多い。ジャック・ニクラウスは46歳でマスターズ・トーナメントを制した。45歳でヘール・アーウィンは全米オープンを勝った。全英オープンでは46歳のトム・モーリスがクラレットジャグ(全英の優勝カップ)を手にした。1968年の全米プロでは48歳のジュリアス・ボロスが優勝した。米ゴルフ・ダイジェストは13年、ウッズがメジャーで何勝できるかをアンケートした。43.3%の読者が19勝以上と回答していた。

 「心の奥底ではフル参戦したいと思っている」と17年の展望を話したウッズ。不安と期待が混じり合った年が始まる。

このニュースの写真

  • 2017年、41歳タイガー・ウッズの復活はあるか 心技体にこれだけの不安要素 
  • 2017年、41歳タイガー・ウッズの復活はあるか 心技体にこれだけの不安要素 
  • 2017年、41歳タイガー・ウッズの復活はあるか 心技体にこれだけの不安要素 

「スポーツ」のランキング