産経ニュース

【柔道】関節技の一点突破 女子52キロ級を角田が制す

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【柔道】
関節技の一点突破 女子52キロ級を角田が制す

女子52キロ級決勝 阿部詩(上)を破り優勝した角田夏実=東京体育館 女子52キロ級決勝 阿部詩(上)を破り優勝した角田夏実=東京体育館

 上になったはずの相手は、左腕が不自然にカーブしていた。下になった角田といえば、畳に付けた額の一点で体を支えている。両手両足を相手の腕にからめ、締め上げる姿に遠慮がない。「ここで取らないと(息が)続かないので」

 女子52キロ級決勝は、腕を取られた阿部詩がほどなくして降参。頬がとけ落ちた角田は「まじめな顔をと思っても、つい笑みが漏れる」。畳の上で見せたヘビのような執念深さは跡形もない。

 関節技は母校の東京学芸大で磨いた逸品。この日は3試合を腕ひしぎ十字固めで勝っている。すでに名人芸だが、腕を狙うのは「そこに腕があるから」ではなく、不器用ゆえの一点突破。「ホントはきれいに投げたい。一本背負いとかで…」

 初の国際大会で二重丸の戦果に、24歳ははばかることなく白い歯をこぼすのだった。(森田景史)

このニュースの写真

  • 関節技の一点突破 女子52キロ級を角田が制す

「スポーツ」のランキング