産経ニュース

【プロ野球】“裏方のレジェンド”70歳の打撃投手・池田さんがロッテ退団 「感謝の言葉しかない」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
“裏方のレジェンド”70歳の打撃投手・池田さんがロッテ退団 「感謝の言葉しかない」

11月末で退団したロッテの打撃投手、池田重喜さん(球団提供) 11月末で退団したロッテの打撃投手、池田重喜さん(球団提供)

 ロッテは2日、プロ野球で最年長の打撃投手を務めていたロッテの池田重喜寮長(70)が11月末で退団したと発表した。

 池田さんは昭和43年にドラフト4位で大洋(現DeNA)に入団。46年にロッテに移籍し、52年に現役引退後はトレーニングコーチなどを歴任。平成24年からは寮長のかたわら、打撃投手も兼任していた。

 春季キャンプでも体力維持のため腹筋を毎日欠かさないなど、年齢を感じさせない真摯(しんし)な姿勢でロッテを陰から支えた。

 池田さんは「プロ入りして49年。こんなに長く野球に携わらせていただき、感謝の言葉しかありません」とコメント。「家の近所の子供からも『投げ方を教えて』と言われるので、キャッチボールをしてあげようかなと思う」と第二の人生に思いをはせていた。

関連ニュース

【サッカー】来年2月に50歳のカズ、「先発で出て得点」と来季も現役に意欲

「スポーツ」のランキング