産経ニュース

【柔道】2日からグランドスラム東京大会 五輪組は高藤直寿ら出場

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【柔道】
2日からグランドスラム東京大会 五輪組は高藤直寿ら出場

柔道のグランドスラム東京大会に向けて練習する男子60キロ級の高藤直寿(左)=東京都文京区の講道館 柔道のグランドスラム東京大会に向けて練習する男子60キロ級の高藤直寿(左)=東京都文京区の講道館

 柔道のグランドスラム(GS)東京大会は2~4日、東京体育館で男女各7階級が行われる。日本勢の男女では、リオデジャネイロ五輪代表が計5人出場する。男子60キロ級銅メダルの高藤直寿(パーク24)ら日本の有力選手が1日、東京都内で記者会見し、大会への意気込みを語った。

 日本で開催される唯一の国際大会で、2020年東京五輪へ向けた新たな代表争いも本格幕開けする。高藤はリオ五輪の銅メダルを「負け」と繰り返し、「リオで悔しい思いをした。この大会で優勝して、20年に向けて新たなスタートを切りたい」と早くも東京五輪を見据えた。

 女子もともにリオ五輪で銅メダルを獲得した48キロ級の近藤亜美(三井住友海上)と78キロ超級の山部佳苗(ミキハウス)が登壇。近藤は「優勝しか狙っていない」と宣言し、山部も「思い切りのある柔道を見せたい」と力を込めた。

関連ニュース

【柔道】五輪金の田知本遥が現役続行、来秋復帰へ 11月から本格的な稽古再開

「スポーツ」のランキング