産経ニュース

【FIFA汚職】元事務局長を捜査、ドイツW杯買収疑惑で すでに自宅など家宅捜索

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【FIFA汚職】
元事務局長を捜査、ドイツW杯買収疑惑で すでに自宅など家宅捜索

 スイスのメディアは30日、同国の検察当局がサッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会招致を巡る買収疑惑で、国際サッカー連盟(FIFA)元事務局長のウルス・リンジ氏を捜査対象に加えたと報じた。既にスイス国内にあるリンジ氏の自宅などを家宅捜索したという。

 当局の声明によると、捜査はドイツ連盟による670万ユーロ(約8億円)の送金にかかわるもので、リンジ氏も関わった疑いがあるという。同氏は02~07年にFIFA事務局長を務めた。(共同)

関連ニュース

【FIFA汚職】会長が1億5750万円 事務局長は1億3650万円 合意した給与額を公開 前任者の25%以下

「スポーツ」のランキング