産経ニュース

【札幌冬季アジア大会】北朝鮮からエントリー 政府、入国検討

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【札幌冬季アジア大会】
北朝鮮からエントリー 政府、入国検討

 来年2月に開催される札幌冬季アジア大会の組織委員会は30日、北朝鮮からエントリーがあったことを明らかにした。日本政府は北朝鮮の核実験などを受け、独自制裁として北朝鮮籍保有者の入国を原則禁じている。組織委は「スポーツ庁など関係機関と対応を検討している。政府の判断を仰ぎたい」としている。

 組織委によると、北朝鮮がエントリーしたのは、スピードスケート・ショートトラックの男子と、フィギュアスケートの男女。人数は明らかになっていないが、組織委は「種目が限られるので、さほど多くない」との見通しを示した。今年2~3月には、女子サッカー・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選のため、北朝鮮代表の入国が「例外」として認められた。

 組織委によると、北朝鮮を含め計31の国・地域からエントリーがあった。

関連ニュース

【ドーピング問題】IOC、WADAに薬物対策改革案を提示 平昌冬季五輪までに検査システム確立

「スポーツ」のランキング