産経ニュース

【ドーピング】国際陸連が通報サイトを開設 英、仏、ロなど6カ国語で対応

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドーピング】
国際陸連が通報サイトを開設 英、仏、ロなど6カ国語で対応

 国際陸連は29日、ロシアの国家ぐるみのドーピング問題などを踏まえ、インターネット上で幅広く薬物違反に関する情報提供を募る通報サイトを開設したと発表した。英語やフランス語、ロシア語など6カ国語に対応している。ドーピングに関わった選手やコーチ、違反が起きた国・地域などを入力する項目が設けられ、匿名で通報できる。

 国際陸連はドーピングの証拠や疑惑から新たな禁止薬物の情報提供まで求めている。コー会長は「クリーンな選手のためには断固たる態度を取らなければならない。どんな小さな情報であっても競技の高潔さを守ることに役立つ」と述べた。(共同)

関連ニュース

【ドーピング】ロンドン五輪金のザリポワらが薬物違反で失格 再検査でメダリスト7人含む12人

「スポーツ」のランキング