産経ニュース

【五輪会場見直し4者協議】ボート・カヌーと水泳は新設案に理解

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪会場見直し4者協議】
ボート・カヌーと水泳は新設案に理解

四者協議会議を終え森喜朗・東京2020組織委員会長に笑顔で挨拶する小池百合子都知事=29日午後、東京都港区(春名中撮影) 四者協議会議を終え森喜朗・東京2020組織委員会長に笑顔で挨拶する小池百合子都知事=29日午後、東京都港区(春名中撮影)

 ボート・カヌー会場は、当初の計画通り「海の森水上競技場」を新設する案が示され、日本ボート協会、日本カヌー連盟ともに「安心した」と安堵の表情。今後、経費削減を踏まえて恒久施設か仮設かの議論がされる見込みだが、日本カヌー連盟の成田昌憲副会長は「ゴール地点のシステムを仮設にするわけにはいかないが、スタンドは仮設にしてもよい部分であり、そういう話し合いに加わっていきたい」と理解を示した。

 今回の見直し騒動では国際スポーツ界での日本の信用にも傷がついた。日本カヌー連盟の幹部は「世界の競技関係者から『東京はどうなっているんだ』と言われる」と苦しい現場の声を代弁した。

 水泳会場は「オリンピック・アクアティクスセンター」(江東区)の座席数を2万席から1万5千席に減らして整備する案が示され、日本水泳連盟の安部喜方副会長は「国際水泳連盟を含めて承認した。新しいプールで、より多くのメダルを目指して頑張っていきたい」と話した。

関連ニュース

【五輪会場見直し4者協議】IOCの場当たり的対応、「選手第一」から外れた提案に混乱も

「スポーツ」のランキング