産経ニュース

【五輪会場見直し4者協議】バレー会場「クリスマスまでに最終結論」と小池百合子都知事 ボートは「海の森」、長沼は事前合宿で活用へ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪会場見直し4者協議】
バレー会場「クリスマスまでに最終結論」と小池百合子都知事 ボートは「海の森」、長沼は事前合宿で活用へ

「海の森水上競技場」の会場予定地=東京都江東区(伴龍二撮影) 「海の森水上競技場」の会場予定地=東京都江東区(伴龍二撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直しを協議する大会組織委員会、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)の4者間のトップ級会合が29日、都内で開かれた。現行計画の「有明アリーナ」(江東区)の新設案と、都が提示した既存施設「横浜アリーナ」(横浜市)の活用案で調整が難航していたバレーボール会場は、小池百合子都知事が結論の先送りを提案し、了承された。小池氏は「クリスマスまでに最終結論を出したい」と理解を求めた。

 ボート・カヌー競技では都が「長沼ボート場」(宮城県登米市)の活用を提案していたが、費用や立地を理由に断念。現計画の「海の森水上競技場」(都内臨海部)の整備費用を仮設レベルにまで抑えて新設することに決まった。

 「長沼」については、小池氏が東日本大震災からの「復興五輪」を掲げ開催に意欲を見せていただけに、大会の事前合宿地として活用することをIOCが確約した。

続きを読む

このニュースの写真

  • バレー会場「クリスマスまでに最終結論」と小池百合子都知事 ボートは「海の森」、長沼は事前合宿で活用へ

関連ニュース

【東京五輪会場見直し】水泳会場は現行の「減築」案取りやめを提言

「スポーツ」のランキング