産経ニュース

【五輪会場見直し】IOC、「長沼」でボート・カヌー事前合宿案を提案へ 29日4者トップ級会合で結論

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪会場見直し】
IOC、「長沼」でボート・カヌー事前合宿案を提案へ 29日4者トップ級会合で結論

宮城県登米市の長沼ボート場=(小型無人機から) 宮城県登米市の長沼ボート場=(小型無人機から)

 これまでの協議では恒久施設の「海の森」を仮設レベルの費用で整備する案の採用が有力となっているが、IOCは長沼で事前合宿を行うことにも言及。27日に開催された4者による作業部会で、IOCのデュビ五輪統括部長は「長沼でプレゲームができれば、(長沼の)PRにもなる」などと話していた。

 長沼案は選手村の分村やバリアフリー対応、輸送面などの詳細が不透明なことで、組織委や競技団体が強く反対していた。また、当初予定の「海の森」建設を中止した場合に補償金として100億円程度の支出が発生することも明らかになっている。

関連ニュース

【五輪会場見直し】バレー「有明」65年間の修繕費294億円 実質的な“赤字運営”に 都の調査チーム指摘 

「スポーツ」のランキング