産経ニュース

【五輪会場見直し】IOC、「長沼」でボート・カヌー事前合宿案を提案へ 29日4者トップ級会合で結論

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【五輪会場見直し】
IOC、「長沼」でボート・カヌー事前合宿案を提案へ 29日4者トップ級会合で結論

宮城県登米市の長沼ボート場=(小型無人機から) 宮城県登米市の長沼ボート場=(小型無人機から)

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場計画見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)が、大会組織委員会、政府、東京都と開く4者のトップ級会合で、「長沼ボート場」(宮城県登米市)をボート・カヌー競技の事前合宿地として活用すると提案する方針であることが28日、関係者への取材で分かった。

 IOCはボート・カヌー会場の代替案として都が提示した長沼での五輪の実現可能性を疑問視する一方、合宿地とすることで被災地の期待や、小池百合子都知事がこだわる「復興五輪」にも配慮する考えとみられる。

 トップ級会合は29日に都内で開かれ、ボート・カヌー会場、バレーボール会場、水泳会場について最終的な判断が下されるとみられる。

 関係者によると、トップ級会合では、カヌー・ボート会場について、都内の臨海部に「海の森水上競技場」の恒久整備案(整備費328億円)、仮設整備案(同298億円)、長沼案(同150億~200億円)の3案が提案される見通しだ。

続きを読む

関連ニュース

【五輪会場見直し】バレー「有明」65年間の修繕費294億円 実質的な“赤字運営”に 都の調査チーム指摘 

「スポーツ」のランキング