産経ニュース

【プロ野球】今季MVPに日本ハムの大谷と広島の新井

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
今季MVPに日本ハムの大谷と広島の新井

最優秀選手賞を受賞し、握手する日本ハム・大谷翔平(左)と広島・新井貴浩=28日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(福島範和撮影) 最優秀選手賞を受賞し、握手する日本ハム・大谷翔平(左)と広島・新井貴浩=28日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(福島範和撮影)

 プロ野球の年間表彰式「NPBアワーズ」が28日、東京都内のホテルで開かれ、今季の最優秀選手(MVP)にセ・リーグは広島の新井貴浩内野手(39)、パ・リーグは日本ハムの大谷翔平投手(22)がともに初選出された。最優秀新人(新人王)にはセが阪神の高山俊外野手(23)、パは日本ハムの高梨裕稔投手(25)が選ばれた。

 新井は今季、132試合に出場。打率.300、19本塁打、101打点で若手中心のチームを引っ張り、広島を25年ぶりのリーグ優勝へと導いた。39歳での受賞はセで最年長。

 大谷は今季、打者として、いずれも自己最高の打率.322、22本塁打、67打点をマーク。投手でも10勝4敗、防御率1.86の好成績を残す大車輪の活躍で10年ぶりとなる日本一への原動力となった。

 高山は134試合に出場し、打率.275、8本塁打、65打点。大卒3年目の高梨は37試合に登板し、10勝2敗、防御率2.38で、高卒以外の入団3年目以降での受賞は初めてとなった。

 MVPと新人王はプロ野球担当記者らによる投票で決まり、有効投票総数はセが269票、パが254票。MVPは3人連記で1位票は5点、2位票は3点、3位票は1点の合計点で争い、新井は120票、大谷は253票の1位票を集めた。新人王は高山が220票、高梨が131票だった。

このニュースの写真

  • 今季MVPに日本ハムの大谷と広島の新井
  • 今季MVPに日本ハムの大谷と広島の新井

関連ニュース

【プロ野球】大谷、169キロ狙う! 「一番速い球を投げる人になってみたい」

「スポーツ」のランキング