産経ニュース

【ドーピング問題】国際パラリンピック委員会が露に資格回復の基準を提示 パラ除外問題で

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ドーピング問題】
国際パラリンピック委員会が露に資格回復の基準を提示 パラ除外問題で

 国際パラリンピック委員会(IPC)は21日、国ぐるみのドーピング問題で資格停止処分とされたロシア・パラリンピック委員会(RPC)に対し、資格回復の基準を提示したと発表した。世界反ドーピング機関(WADA)と共同で基準をつくり、5人から構成されるタスクフォース(特別チーム)も設置する。

 IPCは8月7日にRPCを資格停止とし、9月のリオデジャネイロ大会からロシア選手団を全面除外する処分を発表。クレーブン会長は「資格回復へのタイムラインはないが、なるべく早く変革を実行して戻れるよう緊密に連携していきたい」とコメントした。

 資格復帰への条件ではWADAやIPCの反ドーピング規定を順守し、外部からの影響を受けない組織の透明性や態勢強化を求めている。(共同)

「スポーツ」のランキング