産経ニュース

「次は金メダル取りたい」 リオ・パラ、千葉ゆかりの選手に市民栄誉賞

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


「次は金メダル取りたい」 リオ・パラ、千葉ゆかりの選手に市民栄誉賞

 リオデジャネイロ・パラリンピックで活躍した千葉市ゆかりの選手らに対する千葉市民栄誉賞の贈呈式が28日、同市役所で行われ、出席した3選手に熊谷俊人市長から記念のトロフィーなどが贈られた。

 この日同賞を授与されたのは、銅メダルを獲得したウィルチェアーラグビーの官野一彦選手(35)=同市職員=と今井友明選手(33)=元同市職員、庄子健選手(36)=RIZE CHIBA所属、競泳200メートル個人メドレー銅メダリストの中島啓智選手(17)=花見川スイミングクラブ=の4人。

 式には官野、今井、中島の3人が参加。熊谷市長が「おめでとうございます。リオはどうでしたか」などと労うと、官野選手は「心に余裕ができた。一から体作りをして、(東京大会では)金メダルを取りたい」と目標を語った。

 また、式後に行われた熊谷市長との会談で3人は、競技人口増加などの課題について議論し、「地域でチームを増やせるよう活動したい」などと述べた。

「スポーツ」のランキング