産経ニュース

【きょうの人】国際体操連盟の新会長に決まった渡辺守成さん(57)

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【きょうの人】
国際体操連盟の新会長に決まった渡辺守成さん(57)

国際体操連盟の新会長に日本人で初めて選出された渡辺守成会長=19日午後、東京都港区(撮影・春名中) 国際体操連盟の新会長に日本人で初めて選出された渡辺守成会長=19日午後、東京都港区(撮影・春名中)

 記者会見での第一声は、いかにも照れ屋なこの人らしかった。「私ごときのことで、これだけの方々に集まっていただき、心より感謝しています」

 当選への準備は周到だった。今年1月、新年のあいさつをしようと電話したときは「いまの仕事はメシを食べること。海外に行って関係者と話し、支持をお願いしている。おかげで太り気味だよ」と笑っていた。出馬を決めてから2年弱で国際体操連盟(FIG)加盟国の約7割にのぼる102カ国を回った。旺盛な行動力が、100対19という大勝へと結実した。

 2011年3月11日、東日本大震災が発生した。福島第1原発事故などから、FIGが同年10月に東京で開催予定だった世界選手権の可否を再検討し、日本開催の再決議を勝ち取るまでの動きは白眉だった。

 迅速にFIGのグランディ会長、各大陸連盟幹部らを訪問して開催を訴えた。大会の公式ホームページでは、東京の放射線量が世界の主要都市と差がなく、成田空港の発着便も平常に戻ったことなどを7カ国語に翻訳して発信。多くの正確な情報を世界へ届けた。

 「選手を支えたい」一心で体操と関わってきた。表彰式の贈呈役はしたことがない。国際連盟の会長になっても「上の立場ではない。縁の下から世界の体操を支えたい」と強調した。

 回遊魚のような人だ。しばらくはFIG会長、イオンリテールのスポーツ&レジャー事業本部長と複数の顔で動き回る。趣味は「仕事」で「何年も休みを取ったことがない。体操が好きだからね」とも。まだまだ止まれない。(榊輝朗)

関連ニュース

【体操】国際体操連盟の会長に渡辺守成氏 卓球・荻村伊智朗氏以来の日本人国際連盟会長

「スポーツ」のランキング