産経ニュース

【ソフトボール】2020年東京五輪監督に宇津木麗華を起用へ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ソフトボール】
2020年東京五輪監督に宇津木麗華を起用へ

シドニー五輪ソフトボールに出場した際の宇津木麗華(2000年9月25日撮影) シドニー五輪ソフトボールに出場した際の宇津木麗華(2000年9月25日撮影)

 日本ソフトボール協会は18日、2020年東京五輪の代表監督を決める監督選考委員会を東京都内で開き、日本リーグ女子のビックカメラ高崎で指揮を執る宇津木麗華氏(53)を選出した。11月20日の理事会承認を経て正式決定する。代表チーム専任での起用となり、任期は東京五輪まで。

 宇津木氏は中国出身。1995年に日本国籍を取得し、代表主将として2000年シドニー五輪銀メダル、04年アテネ五輪銅メダルの獲得に貢献した。03年からは指導者として、昨季までに6度のリーグ優勝。11~15年は代表監督を務め、12年と14年の世界選手権で2連覇を果たした手腕が高く評価された。

 選考委員会は三宅豊選手強化本部長ら8人で構成。宇津木氏と今年の代表チームを率いた福田五志・トヨタ自動車監督の2人に絞り、両者が強化方針などをプレゼンテーションして一本化した。

関連ニュース

【リオ五輪メダリスト・三宅宏美に聞く】なぜ4大会連続出場し、メダル2つを獲れたのか? はじめ父は重量挙げに反対だった…

「スポーツ」のランキング