産経ニュース

【米男子ゴルフ】松山は71で4打差3位に後退 プレーオフ最終戦のツアー選手権第2日

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【米男子ゴルフ】
松山は71で4打差3位に後退 プレーオフ最終戦のツアー選手権第2日

 第2ラウンド、5番でラフから第2打を放つ松山英樹=イーストレークGC(共同)  第2ラウンド、5番でラフから第2打を放つ松山英樹=イーストレークGC(共同)

 米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は23日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で第2ラウンドが行われ、首位と並んで出た松山英樹は2バーディー、3ボギーの71と落として通算3アンダー、137で首位と4打差の3位に後退した。

 5バーディー、2ボギーの67と伸ばしたダスティン・ジョンソン(米国)が通算7アンダーでトップを維持し、ケビン・チャペル(米国)が1打差の2位。ジェーソン・デー(オーストラリア)は腰痛で途中棄権した。

 出場30人、予選落ちなしで争われる今大会で積算ポイントによるシーズン総合王者が決定する。前戦までのポイントはD・ジョンソンが1位で松山は17位。(共同)

このニュースの写真

  • 松山は71で4打差3位に後退 プレーオフ最終戦のツアー選手権第2日
  • 松山は71で4打差3位に後退 プレーオフ最終戦のツアー選手権第2日
  • 松山は71で4打差3位に後退 プレーオフ最終戦のツアー選手権第2日

関連ニュース

【魅惑アスリート】リオ五輪コースで最少スコアをマークしたのはゴルフ界のシャラポワだった…マリア・ベルチェノワ30歳

「スポーツ」のランキング