産経ニュース

【話の肖像画】PL学園野球部元監督・中村順司(3)KK、あんなコンビは現れない

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
PL学園野球部元監督・中村順司(3)KK、あんなコンビは現れない

昭和60年、宇部商との夏の甲子園決勝を制し、ウイニングボールを手にするPL学園の清原和博(左)と桑田真澄 昭和60年、宇部商との夏の甲子園決勝を制し、ウイニングボールを手にするPL学園の清原和博(左)と桑田真澄

 〈PL学園(大阪)の監督としてチームを率いたキャリアの中でも、エース・桑田真澄(元巨人など)と主砲・清原和博(元西武など)の「KKコンビ」を擁した昭和58年からの3年間は強烈な光を放っていた。2人は出場可能な甲子園全5大会に出場し、優勝2回、準優勝2回、4強1回という驚異的な成績を残した〉

 「奇跡」といってもいいコンビでした。入学時から2人の能力は抜きんでていた。桑田に遠投をやらせると、ボールが大きな放物線を描かない。地面とほぼ平行にピューと真っすぐに飛んでいく。高校1年であんな軌道の遠投をする子は桑田以外に見たことがない。「桑田を見て投手をあきらめた」という清原だって高校生離れした体格で、ものすごい打球を打っていました。桑田、清原の1年生コンビがチームを日本一に導く原動力になった。

 厳しい上下関係で知られるPL学園にあって、1年のうちから先輩に認められていましたね。なぜなら、2人とも人一倍、努力をしていたからです。3年だった60年春の甲子園準決勝で伊野商(高知)に敗れてからはすさまじかった。「毎晩のように汗びっしょりになって帰ってくる」と後輩たちが舌を巻く猛練習で、最後の夏に2度目の頂点に立ちました。エースと主砲。2人はチームでの役割が全く違っていたため、妙な嫉妬心もなく、互いに助け合えた部分があったんです。あんなコンビが現れることはこの先ないでしょう。

続きを読む

関連ニュース

【話の肖像画】PL学園野球部元監督・中村順司(2)球道即人道、グラウンドは人生の縮図

「スポーツ」のランキング