産経ニュース

【バスケットBリーグ】人気向上と「代表」再建へ、22日に盛大に開幕

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【バスケットBリーグ】
人気向上と「代表」再建へ、22日に盛大に開幕

12日、バスケットボール男子Bリーグの「ティップオフ・カンファレンス」に参加した田臥(前列左から3人目)ら各チームの選手たち=東京都渋谷区 12日、バスケットボール男子Bリーグの「ティップオフ・カンファレンス」に参加した田臥(前列左から3人目)ら各チームの選手たち=東京都渋谷区

 バスケットボール男子の国内2リーグを統合したBリーグは22日開幕する。日本協会が国際連盟から資格停止処分を受ける理由にもなったナショナルリーグ(NBL)とbjリーグの長きにわたる併存を解消して誕生。若者に照準を定めてファンの掘り起こしを進め、各チームも集客に知恵を絞る。1976年モントリオール大会以来、五輪から遠ざかる男子日本代表の再建策としても期待がかかる。

 (奥村信哉)

 「主なターゲットは10代から30代前半。バスケの試合を見に行くのが、おしゃれなデートになるイメージをしている」

 Bリーグの大河正明チェアマンは力を込める。国内の競技人口は約63万人。約96万人のサッカーに次ぐ規模を誇りながら、男子代表の低迷や2リーグ併存の分かりにくさもあり、観戦者はなかなか伸びなかった。

 このためテレビの地上波で生中継される22日の開幕戦(A東京-琉球、東京・国立代々木競技場)の演出には「残り1079試合に跳ね返る投資をしたい」とこだわり、発光ダイオード(LED)を使用したコートを用意。試合ではコンピューターグラフィックス(CG)を駆使して場内を盛り上げる。

 こうした「空中戦」とともに力を入れるのが、各チームによるチケット販売やファンクラブ会員の増大という「地上戦」だ。特に代表クラスを多く抱える旧NBLの企業チームはこれまで必ずしも集客に積極的でなかったため、大河チェアマンは「どれだけ脱皮できるか」と動向を注視する。

続きを読む

関連ニュース

【バスケット】田臥「リーグ引っ張る」 22日開幕のBリーグがイベント 

「スポーツ」のランキング