産経ニュース

【大屋博行のメジャースカウト春夏秋冬】日本詣でが活発化している 山田、大谷、筒香…注目選手が盛りだくさん  

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大屋博行のメジャースカウト春夏秋冬】
日本詣でが活発化している 山田、大谷、筒香…注目選手が盛りだくさん  

ヤクルト山田の走力はメジャーのスカウトをうならせている ヤクルト山田の走力はメジャーのスカウトをうならせている

 夏場を過ぎ、米大リーグ各球団の“日本球界詣で”が活発化している。

 ヤンキースやカージナルス、エンゼルスといった強豪チームはすでにシーズンを通して、ゼネラルマネジャー(GM)補佐クラスをはじめ、担当の国際スカウトが入れ代わり立ち代わり、日本の野球を視察している。他球団も米国のドラフトがすでに終わり、選手のトレード期間が終了する7月が過ぎてからターゲットを日本球界に向けている。

 私が所属するブレーブスも、シーズンの半分くらいは「クロスチェック」として、米国からスカウトが派遣されてきている。こうした現象は、ここ2、3年に顕著に表れてきた。

 日本球界で、現在の最大の注目選手は昨季に3割、30本塁打、30盗塁以上の「トリプルスリー」を達成し、今季も打撃好調なヤクルトの山田哲人内野手だ。米国ではホームランバッターとはいえないかもしれないが、二塁手としてはトッププレーヤーに近い存在といっていい。

 もちろん、このまま順調にいっても、山田選手が自由に渡米できる海外フリーエージェント(FA)権を取得するには4、5年かかる。だが、ポスティングシステム(入札制度)がある以上、注目選手は常にマークするのが鉄則だ。山田選手は高卒プロ6年目で、今季年俸は推定2億2000万円。オフの契約更改では、年俸はさらに上がるだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本詣でが活発化している 山田、大谷、筒香…注目選手が盛りだくさん  
  • 日本詣でが活発化している 山田、大谷、筒香…注目選手が盛りだくさん  
  • 日本詣でが活発化している 山田、大谷、筒香…注目選手が盛りだくさん  

関連ニュース

【大屋博行のメジャースカウト春夏秋冬】「パワー投手」として復帰したダルビッシュ トミー・ジョン手術の効用とは…

「スポーツ」のランキング