産経ニュース

【東京五輪異聞】安倍マリオに続くのは? 早くも東京五輪開会式の演出に話題沸騰! ゴジラかアトムか、それともウルトラマンか…

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京五輪異聞】
安倍マリオに続くのは? 早くも東京五輪開会式の演出に話題沸騰! ゴジラかアトムか、それともウルトラマンか…

リオ五輪の閉会式で、話題をさらった安倍首相が扮した「安倍マリオ」。日本が誇るアニメ文化がセレモニーにちりばめられた(ロイター) リオ五輪の閉会式で、話題をさらった安倍首相が扮した「安倍マリオ」。日本が誇るアニメ文化がセレモニーにちりばめられた(ロイター)

 リオの閉会式で登場したマリオとキャプテン翼はゲーム・アニメ界を代表する大人気キャラだが、必ずしも唯一無二の“横綱級”とまではいえない。国内外で長く支持されてきたキャラクターといえば、鉄腕アトムやゴジラ、ウルトラマン…。近年ではキティちゃんにポケモン、ドラゴンボール、スラムダンク、ワンピースと枚挙に暇がない。これらのキャラクターをどうコラボさせるのか、スペクタクルな演出に注目が集まるが、ある編集者は「鉄腕アトムのアトムは英語で『原子』を意味するため、核を連想する外国人が少なくない。ゴジラにしても『水爆実験の放射線で恐竜が変異した生物である』という説があり、平和の祭典のキャラクターとして忌避される可能性がある」とうがった見方をする。となると、怪獣ゴジラをアトムとウルトラマンが協力して退治するといった夢のシーンは期待薄かもしれない。

 ちなみに、鉄腕アトムは英語で「アストロ(宇宙)ボーイ」として紹介されている。

サプライズ演出に頼らない

 開会式の最大の関心事といえば、聖火ランナーの最終走者だが、「週刊現代」は「東京五輪の開会式はこうなる」と題した特集の中で、ミスタープロ野球・長嶋茂雄、世界の本塁打王・王貞治、今季メジャー3000安打を達成したイチローらの名を挙げた。一方、スポーツライターの小林信也氏は「五輪はプロではなく、あくまでアマチュアが主役の祭典であることを考えたい。『1964年東京五輪から聖火を引き継ぐ』意味で、当時金メダルを獲った選手がいいのではないか」と同誌で提言している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍マリオに続くのは? 早くも東京五輪開会式の演出に話題沸騰! ゴジラかアトムか、それともウルトラマンか…
  • 安倍マリオに続くのは? 早くも東京五輪開会式の演出に話題沸騰! ゴジラかアトムか、それともウルトラマンか…
  • 安倍マリオに続くのは? 早くも東京五輪開会式の演出に話題沸騰! ゴジラかアトムか、それともウルトラマンか…

関連ニュース

リオ五輪の開会式を演出する映画監督は親日派だった 4年後の東京五輪を演出できる人材はいるのか

「スポーツ」のランキング