産経ニュース

【大相撲秋場所】稀勢の里が始動 新関脇高安と25番

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲秋場所】
稀勢の里が始動 新関脇高安と25番

 熱のこもった稽古を披露した稀勢の里=30日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋  熱のこもった稽古を披露した稀勢の里=30日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)で綱取りに挑む大関稀勢の里が30日、番付発表後初の稽古を行い始動した。東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で新関脇の高安と25番取り、18勝。早速熱のこもった相撲を繰り広げたが「まあ軽く汗を流しました」と息切れすることなく涼しい顔で言った。

 最初は高安に一方的に寄られ、5連敗。右足痛で夏巡業の前半を休んだ影響か、立ち合いの感覚に乱れが生じ「ちょっと身体が目覚めなかった。初日ですから」。尻上がりに相撲勘を取り戻し、強烈な押しで圧倒。「どんどん良くなった」と稽古後は充実感を漂わせた。

 残り2週間を切った秋場所へピークを合わせるため、「焦らずやります」と自らに言い聞かせるように語った。

このニュースの写真

  • 稀勢の里が始動 新関脇高安と25番

関連ニュース

【魅惑アスリート】“最後のランウェイ”でリオ五輪の開幕を彩ったスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン

「スポーツ」のランキング