産経ニュース

社長沈痛!「申し訳ない」 自転車連盟スポンサー企業の「梅肉エキス」から禁止薬物 

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


社長沈痛!「申し訳ない」 自転車連盟スポンサー企業の「梅肉エキス」から禁止薬物 

商品から禁止物質の含有が確認された件について会見する松本喜久一梅丹本舗代表取締役社長=21日、摂津市の梅丹本舗本社(撮影・河田一成) 商品から禁止物質の含有が確認された件について会見する松本喜久一梅丹本舗代表取締役社長=21日、摂津市の梅丹本舗本社(撮影・河田一成)

 日本自転車競技連盟の公式スポンサーである健康補助食品会社「梅丹本舗」(大阪府摂津市)の商品から世界反ドーピング機関(WADA)が指定する禁止薬物「ボルジオン」が検出されたことが21日、分かった。日本代表選手にも無償提供されている商品で、この日、記者会見した同社の松本喜久一社長は「健康被害はないが、競技者は使用すべきではない。本当に申し訳ない」と陳謝した。

 今年になって、同社が英国の検査機関に検査を依頼した結果、判明したという。ボルジオンは筋肉増強剤にも使用される「たんぱく同化ステロイド」の一種で、液体状の「古式梅肉エキス」と粒状のサプリ「トップコンディション」の2商品から検出された。

 11日から同社のホームページでも告知し、古式梅肉エキスを配合した他の6商品についても、選手に使用を中止を求めている。

 同社は2011年から同連盟とスポンサー契約を結び、商品を提供してきた。主に糖分を補給する目的で使用している選手も多く、同社には選手から戸惑いの声も寄せられているという。

このニュースの写真

  • 社長沈痛!「申し訳ない」 自転車連盟スポンサー企業の「梅肉エキス」から禁止薬物 

「スポーツ」のランキング