産経ニュース

【東京五輪】招致に捜査拡大か IOC委員の汚職疑惑で フランス司法当局と英紙

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【東京五輪】
招致に捜査拡大か IOC委員の汚職疑惑で フランス司法当局と英紙

 国際陸連の前会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員だったラミン・ディアク氏らによる汚職を捜査しているフランスの司法当局が、8月のリオデジャネイロ五輪と2020年東京五輪の招致プロセスにも捜査の範囲を広げていると英紙ガーディアンが1日、報じた。

 東京五輪招致については、ロシア陸上界の組織的ドーピング問題を調査した世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が1月に公表した報告書の中で、日本側が国際陸連に協賛金を支払ったとの証言があると指摘。イスタンブールが立候補したトルコ側は同様の協賛金を支払わなかった。東京側は不正を否定している。

 IOCのアダムス広報部長は共同通信の取材に「五輪に関する(不正の)証拠は何も聞いていない」と話した。ガーディアン紙は「汚職がIOCにも波及する可能性を示す最初の兆候」としたが、東京側の不正を示す新事実は挙げていない。

 今回の報道について、東京五輪の大会組織委員会は「組織委の理解とは全く異なる。東京はIOCにベストの提案をして招致した」とした。IOCは「フランス司法当局とは緊密に連絡を取っており、捜査への協力も申し入れた」との声明を発表した。(共同)

「スポーツ」のランキング