産経ニュース

【話の肖像画】中日2軍監督 小笠原道大(1)貫いたフルスイング

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
中日2軍監督 小笠原道大(1)貫いたフルスイング

(森本幸一撮影)

〈現役時代の代名詞は「フルスイング」。がむしゃらにバットを振り続けてきた寡黙な男が今季限りで19年のプロ野球人生に幕を閉じた。2度の首位打者に、打点、本塁打と打撃3部門のタイトルを獲得。通算2120安打を記録した。その泥臭いプレースタイルは“ガッツ”の愛称で多くのファンに愛された。今オフに中日の2軍監督に就任。打の求道者が「育成」に力を発揮していく〉

 プロ入りしてからは「1年1年が勝負」と言い聞かせ、人並み以上の練習の積み重ねで19年になりました。引退を決意すると「よくやったな」という思いや「この日が来たな」という思いなどが交錯していましたが、今はスッキリした気持ちです。

〈9月21日、ナゴヤドームでの巨人戦。現役最後の打席はレフトフライに終わったが、最後までフルスイングを貫いた。古巣の元同僚、高橋由伸氏(現・巨人監督)から花束を贈られるなど両チームの選手から祝福された〉

 フルスイングというと「めちゃぶり」のように勘違いする人もいますが、全身を使って振り切ることが原点。バットの芯にボールが当たらなければ、どれだけ強く振っても意味がない。ため込んだ力をしっかりとボールに伝えることにこだわってバットを振ってきました。

〈卓越したバットコントロールから生み出される強打で定評があった。チームの勝利のために鬼気迫る表情でバットを振り、努力を重ねることをいとわなかった〉

 もう、がむしゃらに練習するしかない。うまくなりたい、強くなりたいという気持ちが根底にあったと思います。引退会見でもプロ野球人生で一番の思い出について聞かれましたが、一つ一つが大きすぎて、何が一番かを挙げることができない。良い結果だけでなく、失敗やミスを含めて、今の自分があると思っています。

「スポーツ」のランキング