産経ニュース

【車いすバスケ】緻密に賢く勝負、リオ切符つかめ アジアオセアニア選手権10日開幕

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【車いすバスケ】
緻密に賢く勝負、リオ切符つかめ アジアオセアニア選手権10日開幕

車いすバスケットボールチーム「NO EXCUSE」の香西宏昭選手(中央)=20日午前、東京都荒川区(長尾みなみ撮影)

 来年のリオデジャネイロ・パラリンピック予選を兼ねた車いすバスケットボールのアジアオセアニア選手権(三菱電機特別協賛、産経新聞社などメディア協力)が10日、千葉市の千葉ポートアリーナで開幕する。男子3、女子1の狭き門を突破しようと、地域の強豪がしのぎを削る8日間。2020年東京パラリンピックへつなげる意味でも、リオへの出場権確保は不可欠。その重要な大会を前に、日本男子代表の及川晋平監督とエースの香西宏昭は「必ずリオへの出場権を勝ち取る」と11大会連続出場へ強い意欲を見せている。

 コートに響く車いすのぶつかり合う音、タイヤの摩擦音…。スピードと激しさが同居する車椅子バスケットボールで、真の「世界基準」を知る男だ。米国の名門イリノイ大で腕を磨き、13年からはドイツでプレーする。今大会は日本のエースとして、自身3度目のパラリンピックを目指す。

 野球が大好きだった少年は12歳の冬、地元チーム「千葉ホークス」の体験会で車椅子バスケに出合った。「格好いいな」と選手たちがまぶしく見え、何よりやってみたら楽しかった。

 そのチームにいたのが及川監督だった。加入当初から個人練習に付き合ってもらい、イリノイ大留学のきっかけも作ってもらった。「今の自分があるのは晋平さんのおかげ」。だからこそ、ロンドン大会後に発足した及川ジャパンには強い思い入れがある。

このニュースの写真

  • 緻密に賢く勝負、リオ切符つかめ アジアオセアニア選手権10日開幕
  • 緻密に賢く勝負、リオ切符つかめ アジアオセアニア選手権10日開幕
  • 緻密に賢く勝負、リオ切符つかめ アジアオセアニア選手権10日開幕

「スポーツ」のランキング