産経ニュース

【プロ野球】ヤクルトが打撃タイトルを独占 山田、史上初の本塁打&盗塁のタイトルに輝く

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球】
ヤクルトが打撃タイトルを独占 山田、史上初の本塁打&盗塁のタイトルに輝く

【プロ野球ヤクルト練習】打撃練習するヤクルト・山田哲人=7日、神宮外苑(撮影・桐山弘太)

 セ・リーグは打撃6部門をリーグ優勝したヤクルト勢が独占した。

 山田哲人内野手は38本塁打と34盗塁で史上初の本塁打王&盗塁を同時獲得し、最高出塁率・416でもタイトルに輝いた。打率・336で首位打者の川端慎吾内野手は195安打で最多安打も記録、畠山和洋内野手は105打点をマーク。3冠と呼ばれる打率、本塁打、打点の3冠を1チーム内3選手で分け合うのは史上初めてとなった。

 山田は「まさか、こんなに本塁打を打てるとは思っていなかった。6冠を取れたし、タイトルを3人で分け合えたのが一番いい形だと思う」と話す。盗塁は昨季の15から倍増以上、打点でも畠山に迫る100、打率も・329で最後まで川端と競り合った。「打点や本塁打も3番として、自分が得点にからまなければいけないという思いがあったから」と明かす。

 また「一番とりたかったタイトル。まさか取れるとは思わなかった」という川端は、今季の「好調をけがなく過ごせたこと」という。例年、シーズン中に腰などを痛めることが多かったが、東京と大阪で独自にトレーナー契約。「まったく怖くなくプレーできたのが大きい」と話す。

 一方の畠山は「ひとつの勲章みたいなもの。ただ、俺の前に川端と山田が出塁している機会が多くて、それだけチャンスが多かっただけのこと」という。

 3人の打撃を見続けてきた杉村打撃コーチは、「山田は30本塁打までは想定したが、軽く超えていった。川端がバットに当てる技術は一番上。畠山も想像以上の成績だが、バレンティンがいない中で使命感を持っていた結果」と分析する。

このニュースの写真

  • ヤクルトが打撃タイトルを独占 山田、史上初の本塁打&盗塁のタイトルに輝く

「スポーツ」のランキング