産経ニュース

【フィギュア】羽生、「平昌五輪で区切り」 その後はプロスケーター転向へ

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【フィギュア】
羽生、「平昌五輪で区切り」 その後はプロスケーター転向へ

練習を公開後、記者の質問に答える羽生結弦=6日、トロント(共同)

 【トロント=田中充】フィギュアスケート男子でソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が6日、トロントにある練習拠点のリンクで練習を報道陣に公開し、23歳で迎える3年後の平昌五輪を区切りにプロへ転向する意向を明らかにした。

 羽生は練習後の取材で、「平昌で(金メダルを)取って、そこからプロになろうと決めていた。自分がまだベストな状態のときに、プロスケーターでありたい」と語り、連覇を狙う次の五輪を集大成と位置づけた。

 この日は、今季のショートプログラム(SP)曲で、昨季と同じショパンのピアノ曲「バラード第1番」を使うことも発表した。けがの影響で昨季は断念した演技後半に4回転ジャンプを組み込む難度の高い構成で、公開した練習では、まだ調整不足ながらも曲をかけた場面で、後半の4回転を着氷させた。

 羽生は例年、秋のフィンランディア杯をシーズン初戦に見据えているが、今季はトロントで重点的にトレーニングを積むため、初戦は移動が少ないカナダで10月中旬に行われる国際大会とする見込み。

このニュースの写真

  • 羽生、「平昌五輪で区切り」 その後はプロスケーター転向へ
  • 羽生、「平昌五輪で区切り」 その後はプロスケーター転向へ

「スポーツ」のランキング