産経ニュース

【陸上】“9秒87”の桐生が帰国「次は公認で」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【陸上】
“9秒87”の桐生が帰国「次は公認で」

米国から笑顔で帰国した桐生祥秀=30日午後、成田空港

 米国の陸上競技会、テキサス・リレーで、追い風参考記録ながら男子100メートルで9秒87をマークした桐生祥秀(東洋大)が30日、成田空港に帰国し「次は公認で出したい」と意気込んだ。

 空港では多くの報道陣と、居合わせた人々に囲まれ「米国では普通だったけど、日本に帰ってきたら盛り上がっていてビックリした」と笑顔。今季からスターティングブロックの左右の足の位置を10センチほど前後に広げたことで、スタートの1、2歩目がスムーズに出るようになったという。ロンドン五輪5位のベイリーに競り勝ったレースを「海外の雰囲気に慣れ、海外選手にも負けない自信が少し付いたと思う」と振り返った。

 土江寛裕コーチは「走りの感覚は強烈に残る。テレビでしか見たことのない9秒台を感じて、今後、本人がどれだけ意識するか。大きな収穫だ」と語った。

 冬季に十分走り込めたおかげで「試合が終わって痛みがどこにもない」という桐生。次戦は4月18日からの織田記念で100メートルと200メートルに出場する。

このニュースの写真

  • “9秒87”の桐生が帰国「次は公認で」

「スポーツ」のランキング