産経ニュース

【プロ野球通信】楽天ドラ1「安楽」背番号に秘めた思い…剛腕18歳の“プロ野球考”

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
楽天ドラ1「安楽」背番号に秘めた思い…剛腕18歳の“プロ野球考”

楽天の新入団選手発表会で報道陣に背番号を見せながら拳を握る楽天・安楽智大投手=12月1日、仙台市青葉区のホテル(土谷創造撮影)

 プロ野球選手にとっては名刺代わりともいえる「背番号」。ユニホームの背面に刻まれたその数字に、特別な思いを込めてプロの世界に飛び込んできた若者がいる。楽天にドラフト1位で指名され、入団が決まった安楽智大投手(18)だ。プロの世界で「20」を背負うことになった大型ルーキーは、「プロで20年間プレーし、いつかは20勝投手」という大きな野望を胸に、プロのマウンドに立つ。

 「決意表明」だった。

 「僕自身、プロ野球という厳しい世界で20年活躍したいという思いと、やはり投手をやるからには20勝投手というのを目指してやっていきたいという思いがある」

 12月1日に仙台市内で行われた楽天の新人入団会見。安楽は自らが背負うことになった背番号「20」に対し、正直な思いを口にした。

 愛媛・済美高のエースとして、2年春の選抜では準優勝。ただ、その後は右肘の故障などに悩まされた。ドラフト直前には野球部の恩師、上甲正典監督が他界。遺影とともに臨んだドラフト会議では、亡き恩師にプロの世界での「恩返し」を誓った。

 安楽には、「20」のほかにこだわりたい数字がもう一つある。それが、「160キロ」という夢の大台だ。

このニュースの写真

  • 楽天ドラ1「安楽」背番号に秘めた思い…剛腕18歳の“プロ野球考”
  • 楽天ドラ1「安楽」背番号に秘めた思い…剛腕18歳の“プロ野球考”

「スポーツ」のランキング