産経ニュース

香川伸行氏急死 「ドカベン」球界の人気者 52歳

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


香川伸行氏急死 「ドカベン」球界の人気者 52歳

「ドカベン」の愛称で親しまれた香川伸行氏。左は浪商でバッテリーを組んだ牛島和彦氏=1979年8月、甲子園球場

 プロ野球南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)などで強打の捕手として活躍した香川伸行(かがわ・のぶゆき)氏が26日、福岡市内で急死した。52歳だった。関係者によると、死因は心臓発作という。

 大阪市出身の香川氏は浪商(現大体大浪商)高で3度甲子園に出場し、昭和55年にドラフト2位で南海に入団。水島新司氏の野球漫画の主人公に体形が似ていることから「ドカベン」の愛称で親しまれ、人気を集めた。平成元年の現役引退後は野球解説者などを務めた。急性腎不全のため長期間にわたる療養生活の経験があり、最近も週3回の人工透析を行っていた。

このニュースの写真

  • 香川伸行氏急死 「ドカベン」球界の人気者 52歳
  • 香川伸行氏急死 「ドカベン」球界の人気者 52歳
  • 香川伸行氏急死 「ドカベン」球界の人気者 52歳

「スポーツ」のランキング