産経ニュース

【舞の海の相撲“俵”論】男気と大和魂

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【舞の海の相撲“俵”論】
男気と大和魂

 大学の先輩でプロ入り後も同門だった元小結両国が、境川部屋の前身に当たる中立部屋を起こしたのが平成10年春。現役時代の師匠だった元横綱佐田の山に出羽海部屋からの分家独立を拒否された場合、相撲界を去ってふるさと長崎に帰る覚悟を決めていた。

 担保がなく、新たに部屋を建てたくても請け合ってくれる銀行はなかった。知人に借りた資材置き場を稽古場とし、急ごしらえの土俵でたった2人の弟子が四股を踏む光景を忘れられない。おかみさん、息子2人とともに錦糸町にある2DKのマンションで細々と共同生活を送る日々が続いていた。

 なかば諦めかけていたところ、最後に訪ねた銀行で支店長に声をかけられた。「小林さんですよね?」。学生相撲のファンで親方の活躍をよく知っていた。弟子育成の熱意を正直に伝えると「私の責任で何とかしますよ」と言ってくれた。奇跡が起こった。

 新興部屋としては、“米びつ”となる力士が1人でも多く欲しいはず。ところが新弟子を勧誘するため、地方に行ったときのこと。のどから手が出るほど欲しい若者が親に口答えする姿を見ると「お前のような親不孝者はこっちから願い下げだ」と帰ってくる始末。それでも各校の指導者は真摯(しんし)に弟子と向き合う親方にほだされ、自然と弟子が集まっていった。

 ずっと大切にしてきたのは「先人を敬う気持ち」。いま平和な世の中で相撲がとれることに感謝できれば、必ずや強さや優しさを兼ね備えた人間に育ってくれるはずと考えている。

 部屋の旅行で訪れたサイパン島バンザイクリフでガムや落書きで汚されている慰霊碑を見たとたん、頭に血が上った。「これを見て、日本人は誰も怒らないのか」。急遽(きゅうきょ)、旅行の日程を変更し、洗剤とブラシを買い込んで弟子と一緒に汗だくになりながら、きれいに磨き上げた。

 ロサンゼルス巡業で担当親方として米国に先乗りしたときもそう。土俵はまだできていないのに現地作業員がまともに働かず、さっさと引き揚げようとしたときに全員を集めた。「お前ら、日本は戦争には負けたけど、魂や精神まで負けた訳じゃないんだぞ」と怒鳴りつけ、「直訳しろ!」と通訳をたじろがせた。

 商売っ気はまったくない。男気や義理人情の大切さを一人でも多くの若者に伝えたいと励んできた。厳しい稽古が終わると、出撃していく特攻兵が家族に宛てた手紙を弟子たちに何度も聞かせた。

 部屋を立ち上げて16年。ついに師匠の信念を受け継いだ新大関、豪栄道が誕生した。弟子は口上で「大和魂」という言葉を使った。愚直にこころざしを貫いてきた親方を見ていると、忘れかけていた日本人としてのあり方をいつも考えさせられる。(元小結 舞の海秀平)

「スポーツ」のランキング