原子力発電のごみを知っていますか?

日本では、過去半世紀にわたる原子力発電の利用により、
放射能レベルが極めて高い「高レベル放射性廃棄物」が相当量発生しています。
この処分問題は、原子力発電を利用しているすべての国が抱えている課題です。

高レベル放射性廃棄物って何?

当企画がTV番組に 詳しくはこちらをクリック

地下300メートル以深

高レベル放射性廃棄物の処分方法としては、地下深部(300m以深)に埋設して人間の生活環境から隔離する「地層処分」が国際的にも最適な方法とされており、日本もその方針です。
日本では、原子力発電環境整備機構(NUMO ニューモ)がその事業実施に向けて取り組んでいます。

地層処分って?
日本で安全にできるの?

国民全員で考える

今後、国が全国各地の地下深部等の科学的な特性についてマップの形で分かりやすく公表し、国民の関心と理解が高まることを期待します。

科学的な特性って?

100年にわたるプロジェクト

処分場建設地の調査から建設・操業・閉鎖まで100年以上に及ぶプロジェクトです。
次の世代へ課題を残さないために
これからの日本を支える若い世代とこの問題を考えました。

Project Movie of Japanese Students

デジタルハリウッド大学×NUMO 原子力発電環境整備機構

地球規模で存在する課題や、世代をまたいで存在する中期的な課題について、
デジタルコンテンツを通して解決を試みる取り組み「デジタルハリウッド・アースプロジェクト」。

今回はNUMO協力のもとプロジェクトが始動。
若年層が高レベル放射性廃棄物の処分問題について、“知るきっかけ”を提供するWebCMを制作。
学生たちは同問題について学んだうえで、映像の企画段階から取り組みWebCMを完成させた。

「100年先を考えてたい」

「若者トーク」

「知ってほしいこと」

フィンランドレポート

なぜフィンランドは世界で初めて地層処分場の建設を決定できたのか?
処分場が建設される地域住民の反応は?
若者たちはこの問題をどのようにとらえているのか?

総合オピニオンサイト「iRONNA」で特別編集長として活躍する
現役大学生の山本みずきさんと現地取材を通じて手がかりを探った。

BSフジ特別番組

「今からはじめなきゃ!核のゴミ処分 マジ討論」~20代の私たちが考えたこと~

ARTICLE

10万年後の安全―「信頼」と「責任」の意味

ARTICLE

フィンランドレポート PART6

最終処分場を受け入れた街、エウラヨキの自治体で聞いた。なぜ受け入れることができた?

MOVIE

フィンランドレポート PART5

最終処分場を受け入れた街、エウラヨキのご家庭で聞いた。フィンランドの地層処分どう思う?

MOVIE

フィンランドレポート PART4

最終処分場を受け入れた街、エウラヨキで聞いた。フィンランドの地層処分どう思う?

MOVIE

フィンランドレポート PART3

近隣の街、ラウマの大学生に聞いた。フィンランドの地層処分どう思う?

MOVIE

フィンランドレポート PART2

地方都市ポリで聞いた。フィンランドの地層処分どう思う?

MOVIE

フィンランドレポート PART1

首都ヘルシンキで聞いた。フィンランドの地層処分どう思う?

MOVIE

今、考える時。みんなでミライをつくろう。

動画に関するご意見や地層処分事業に関する感想など、あなたの声をお聞かせ下さい。

※Facebookアカウントが必要です。