産経ニュース for mobile

【正論】北朝鮮は、国際的に孤立などしていない 旧ソ連圏に巣くう密輸組織 国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久

記事詳細

北朝鮮は、国際的に孤立などしていない 旧ソ連圏に巣くう密輸組織 国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久

正論更新
国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久氏(宮川浩和撮影) 1/1枚

 2月8日、平壌で朝鮮人民軍創建70年の軍事パレードが開催された。朝鮮中央テレビが放送した映像には、北朝鮮の新型弾道ミサイルがずらりと登場している。2017年に発射された中距離弾道ミサイル「火星12」、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」、そして17年11月末に発射されたばかりの同「火星15」などが複数、含まれていた。

<< 下に続く >>

≪ウクライナで協力者を獲得?≫

 「火星」シリーズのベースは、冷戦時代に開発・製造されたソ連の弾道ミサイルだ。エンジンは、ウクライナ国営の航空宇宙専門の設計事務所「ユージュノエ設計局」が製造したICBM用RD-250型エンジンの改良型である。移動式発射台は、ベラルーシの軍事車両メーカー「MZKT社」のデザインに酷似している。ベラルーシとウクライナはいずれもソ連時代の弾道ミサイルの重要拠点だった。

 制裁にもかかわらず、北朝鮮はなぜこのような能力を獲得できたのか。

 米タイム誌は2月1日付の報道で、冷戦終了後の1990年代、ウクライナの「ユージュノエ設計局」の姉妹企業「ユジマシ社」が経済的苦境に陥っていた様子を克明に報告している。2014年のウクライナ紛争以降、最良顧客のロシアを失った後、労働者数が6分の1にまで急激に削減された。ミサイル製造工場の内部を撮影した映像には、雨漏りすら補修できないほど荒れ果てた惨状が映し出されている。

 インタビューを受けた同社の労働組合の関係者によると、労働者や技術者は仕事を得るためならば北朝鮮やイラン、パキスタンにも渡航した、と証言する。「やつらは大金を支払ってくれる」「ロケットを造りたければ、俺たちの仲間の技術者を連れてゆく。何も新しい話じゃない」

 タイム誌記者が訪問した近隣の広場には、RD-250型エンジンが野ざらしで展示されていた。約20年間、置いてあったという。意外にも、このエンジンの情報は厳重な機密情報ではない。

 2011年7月には、隣国のベラルーシ国内の北朝鮮貿易代表部に赴任していた外交官2人がウクライナに入国して、弾道ミサイル関連の機密情報を不正に取得しようとして現行犯逮捕された。

 にもかかわらず、ウクライナでは、翌12年には502人もの北朝鮮人がウクライナに入国していた。その後、13~17年の間に、毎年100~200人以上の北朝鮮人がウクライナを訪問している。北朝鮮が協力者を獲得した可能性は高い。

≪大使館をベラルーシに開設≫

 ベラルーシも北朝鮮にとって重要な活動拠点だ。近年、数々の国連加盟国が、北朝鮮との断交や貿易停止などの制裁措置を打ち出しているが、ベラルーシは真逆を走っている。16年9月に北朝鮮はここに大使館を開設した。通常、北朝鮮大使館は非合法活動の拠点だ。