産経ニュース for mobile

【北ミサイル】米本土到達で対話の「チャンス」 ICBMで鳩山由紀夫元首相

記事詳細

緊迫 朝鮮半島

米本土到達で対話の「チャンス」 ICBMで鳩山由紀夫元首相

北ミサイル更新
鳩山由紀夫元首相(伴龍二撮影) 1/1枚

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の鳩山由紀夫元首相は7日、首都ワシントンで記者会見し、北朝鮮が米本土に届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発していることが、米朝対話の「チャンス」になっているとの認識を示し、日本、韓国、中国が協力して米朝対話の環境を整備する必要があると述べた。

<< 下に続く >>

 鳩山氏は「北朝鮮が米国に到達する(ICBM)技術を開発したとすれば、彼ら(北朝鮮)にとっては交渉の機会を作ったことになる」と指摘し、「こういうチャンスに日本や韓国、中国などが協力し、会談を開けるような環境整備、条件設定に努力していくことが望ましい」と述べた。

 ICBM開発によって米朝対話の「チャンス」ができたと述べたことは、日本の元首相が北朝鮮の核・ミサイル開発を肯定的にとらえていると受け止められる可能性がある。

 記者会見で発言の真意をただされ、鳩山氏は「チャンスという言葉が必ずしも適当な言い方ではなかったかもしれない」と認めながらも、「核ミサイルが米国に到達することは、彼ら(北朝鮮)からみれば目的が達成され、交渉をすることに意味ができてきたという見方ができるのではないか」と答えた。