産経ニュース for mobile

【薄氷の祭典 平昌五輪まで1カ月(上)】戻らぬ外国人旅行客…「戦争が起きる」風評直撃 参加問題、北の術中にはまった韓国

記事詳細

平昌五輪

戻らぬ外国人旅行客…「戦争が起きる」風評直撃 参加問題、北の術中にはまった韓国

薄氷の祭典 平昌五輪まで1カ月(上)更新
平昌五輪の主要会場となるアルペンシアリゾート。奥はスキージャンプ台 (松本健吾撮影) 1/3枚

 【平昌=桜井紀雄】2月9日開幕の平昌五輪の開閉会式場がある韓国北東部、平昌・横渓(フェンゲ)の町は、1年前のひなびた町並みから一変していた。新しい飲食店やホテル、スポーツ用品店などが次々オープン。少ない雪を人工雪で補うため、製雪機もフル稼働している。

<< 下に続く >>

 大会関係者らしき外国人も通りを行き来していた。

 ただ、地元名物のスケトウダラの料理店を営む女性は「外国人団体旅行者の客足が戻らない」と顔を曇らせた。特に、観光バスで大挙訪れていた中国人団体客が、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に中国が反発し、昨シーズンに激減してから回復の兆しがないという。

 文在寅大統領が昨年12月に訪中。中国側から「冷遇された」との非難を甘受してまで関係回復をアピールしながら、五輪開催地の活性化につながっていない。

 女性は「ガイドの話では、外国人は『朝鮮半島で戦争が起きる』と心配しているそう。戦争なんて起きないのに…」と嘆く。

 欧州を中心に五輪期間中の北朝鮮の軍事的挑発に対する懸念が広がる中、文氏が「平和五輪」の成功のためにとこだわってきたのが北朝鮮の五輪参加だった。

 それに対し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日の「新年の辞」で五輪への代表団派遣の可能性を表明。南北問題は「北と南が主人となって解決すべきだ」と述べた。「南北関係は、韓国が運転席に座って主導していく」との文氏の持論のお株を奪って、金委員長は、韓国が絶対拒否できないであろう開幕1カ月前という絶妙のタイミングで対話カードを切り、主導権をがっちり握った。

 一方で、金委員長は「政権が交代したが、変化は何もない。米国に追従し、不信と対決を激化させた」と文政権のこれまでの姿勢を批判。米韓合同軍事演習の完全中止を要求した。米国と「たもとを分かて」との明白なメッセージであり、米韓の離反が狙いだと露骨に示したことに等しい。

 トランプ米大統領は五輪・パラリンピック期間中の演習延期に応じたものの、米政権内には、金委員長の思惑に対する懐疑的見方が根強い。マクマスター大統領補佐官は、米政府系メディアで「金正恩氏の新年の辞を聞いて安心した人がいれば、年末年始にシャンパンを飲み過ぎたためだろう」と痛烈に皮肉った。

 韓国の世宗(セジョン)研究所の鄭成長(チョン・ソンジャン)統一戦略研究室長は「北朝鮮の五輪参加で和解ムードができても、米国との演習が再開されれば、南北関係は再び急激に冷え込むだろう」と予測する。

写真ギャラリー