産経ニュース for mobile

【歴史戦】香港の尖閣団体がまた慰安婦像設置 計5体に

記事詳細

香港の尖閣団体がまた慰安婦像設置 計5体に

歴史戦更新
香港の日本総領事館近くに新たに置かれた、従軍慰安婦問題を象徴する少女像(右)=13日(共同) 1/4枚

 沖縄県・尖閣諸島の中国領有権を主張する香港の団体「保釣行動委員会」などは13日までに、旧日本軍の南京占領から80年に合わせ、日本総領事館が入るビルの近くに慰安婦像を新たに1体置いた。香港の慰安婦像は常設でない2体を含め計5体となった。総領事館は香港政府側に早期撤去を申し入れている。

<< 下に続く >>

 同委員会によると、フィリピンの団体の提案を受け、新しい像はフィリピンの被害者を象徴したものにした。(共同)

写真ギャラリー

  • 13日、香港に設置された慰安婦像に花を供える男性(ロイター)
  • 13日、香港に新たに設置された慰安婦像(ロイター)
  • 香港に新たに登場した慰安婦像の後ろには中国国旗が見えた(ロイター)