産経ニュース for mobile

板門店で銃撃された北朝鮮の兵士が危篤状態に 車両で移動後に数人に撃たれる

記事詳細

板門店で銃撃された北朝鮮の兵士が危篤状態に 車両で移動後に数人に撃たれる

更新
13日、ソウル郊外の病院で手当てを受ける、板門店で亡命した北朝鮮軍人とみられる男性(聯合=共同) 1/1枚

 【ソウル=名村隆寛】朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で13日に韓国側へ越境、亡命しようとし、北朝鮮側から銃撃を受けた北朝鮮兵士が危篤状態にある。韓国の聯合ニュースが14日、報じた。

<< 下に続く >>

 兵士は銃撃で肘と肩を負傷しているほか、臓器も損傷しており、搬送された韓国の病院の集中治療室(ICU)で生命維持装置を付けた状態だという。

 また、在韓国連軍司令部によると、兵士は軍事境界線近くまで車両で来て下車。軍事境界線を越え南側に逃走中に銃撃を受けたという。

 聯合は韓国軍当局者の話として、兵士が軍用車に乗り板門店の共同警備区域(JSA)付近にある哨戒所まで来ていたが、亡命を阻止しようと北朝鮮の兵士数人が後を追い40発あまり発砲したと報じた。軍用車は哨戒所近くの用水路に脱輪し、兵士は車を降りて哨戒所に移動したという。

 国連軍司令部の軍事休戦委員会が詳細を調査中だが、聯合は韓国軍消息筋の情報として、北朝鮮が亡命を試みた兵士を殺害するために銃撃を加えたと伝えている。