産経ニュース for mobile

教科書に「拉致」明記が条件 朝鮮学校への補助で群馬県

記事詳細

教科書に「拉致」明記が条件 朝鮮学校への補助で群馬県

更新

 群馬朝鮮初中級学校(前橋市)に対する補助金に関し、県は31日、北朝鮮による拉致事件を教科書に記載することや、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と関係がないことを明確にしない限り、2017年度以降は交付しないとの方針を明らかにした。

<< 下に続く >>

 県によると、補助金は1986年度から交付していた。昨年3月に文部科学省が支給の妥当性を検討するよう求める通知を出したことを受け、教科書や授業の内容といった同校の運営状況を調査。「反日的、反社会的な教育は確認されなかった」と結論付けたが、北朝鮮との密接なつながりが指摘される朝鮮総連との関係が否定できないなどとした。

 一方、16年度予算での補助金についてはこれまで保留していたが「学校運営への影響は大きい」と約240万円の交付を決めた。

 同校の児童・生徒は昨年5月時点で約40人。