産経ニュース for mobile

サウジ国王46年ぶり来日 王族・閣僚ら1000人超の大訪問団

記事詳細

サウジ国王46年ぶり来日 王族・閣僚ら1000人超の大訪問団

更新
 羽田空港に到着したサウジアラビアのサルマン国王(左)を出迎える皇太子さま=12日午後7時、東京都大田区(代表撮影) 1/2枚

 サウジアラビアのサルマン国王が12日、公式訪問のため羽田空港に到着した。サウジ国王の来日は46年ぶり。世界最大級の産出量を誇る石油への依存からの脱却に向け、日本からの投資拡大など協力を呼びかけるのが狙い。皇太子さまが羽田空港で出迎えられた。15日まで滞在する。

<< 下に続く >>

 日本政府関係者によると、サウジ側は王族や関係閣僚、国王の使用人など計千人を超す大規模な訪問団で、約10機の飛行機に分乗して相次いで日本に到着した。サウジ政府筋によると、都内の高級ホテルなど千室以上を予約、移動用のハイヤー約500台を準備したという。

 天皇陛下が国王と昼食をともにされ、安倍晋三首相が会談する。

 国王は今回の来日も合わせ、マレーシア、インドネシア、中国などを約1カ月かけて歴訪する。

写真ギャラリー

  •  羽田空港に到着したサウジアラビアのサルマン国王(手前左)=12日午後6時58分、東京都大田区(代表撮影)