産経ニュース for mobile

中国空母が台湾海峡出る、台湾空海軍が監視

記事詳細

中国空母が台湾海峡出る、台湾空海軍が監視

更新

 台湾の国防部(国防省に相当)は12日朝、中国海軍の空母、遼寧の艦隊が同午前6時半(日本時間同7時半)、台湾海峡を抜け、北に向かったと発表した。母港の山東省青島に向かうとみている。遼寧は南シナ海での訓練を終えて11日午前7時ごろ台湾海峡に入り、海峡中間線の大陸側を航行していた。遼寧の台湾海峡航行中、台湾空海軍は戦闘機や哨戒機、フリゲート艦を出動させて警戒・監視に当たった。(台北 田中靖人)

プッシュ通知