産経ニュース for mobile

北方領土の光回線敷設に中国大手ファーウェイが参画

記事詳細

北方領土の光回線敷設に中国大手ファーウェイが参画

更新

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアの通信最大手、ロステレコムは11日までに、極東のサハリン(樺太)と北方領土を結ぶ光ファイバー回線の海底敷設に、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が参画すると発表した。北方領土を不法占拠するロシアの管轄下で、インフラ整備に中国企業が加担することを意味し、日本政府には対応が求められそうだ。

<< 下に続く >>

 ロシアは、サハリンのユジノサハリンスク(豊原)から択捉島の紗那(ロシア名クリリスク)、国後島の古釜布(ユジノクリリスク)、色丹島の穴澗(クラボザボツク)に向けて、全長940キロの光回線敷設を計画。華為技術は、ロステレコムの競争入札で、光回線の海底敷設に関する調査や計画策定の事業を落札したという。

 ロステレコムによると、船舶による海底調査や事業計画の策定を2017~18年に行い、20年までに回線敷設を終える計画。北方領土では現在、携帯電話会社のモバイル回線などでインターネットが使われている。北方領土のインフラ事業をめぐっては12~13年、米国系企業が択捉島と国後島の発電所建設を受注したことが問題化した。

プッシュ通知