産経ニュース for mobile

【釜山・慰安婦像設置】「像設置で町が騒がしい」 横断幕破損で40代男拘束

記事詳細

「像設置で町が騒がしい」 横断幕破損で40代男拘束

釜山・慰安婦像設置更新

 韓国南部の釜山東部警察署は11日、慰安婦問題で日韓両政府の対応に抗議する横断幕を釜山市内で切り裂いたとして、韓国人の40代の男を拘束したと明らかにした。釜山の日本総領事館前には慰安婦像が置かれ、男は像の設置で「静かな町が騒がしくなり、道路が渋滞した」と話しているという。韓国メディアが報じた。

<< 下に続く >>

 総領事館の近くには12枚の横断幕が張り出されていたが、うち4枚が切り裂かれているのが見つかっていた。男が像設置反対の政治行動をした形跡はないという。(共同)

プッシュ通知