産経ニュース for mobile

【緊迫・南シナ海】中国空母、元日から戦闘機の離発着訓練

記事詳細

中国空母、元日から戦闘機の離発着訓練

緊迫・南シナ海更新

 【北京=西見由章】中国海軍の空母「遼寧」は1日、南シナ海で殲(J)15戦闘機と艦載ヘリによる離発着訓練を開始した。中国国営中央テレビ(CCTV)が報じた。詳細な訓練海域は不明。領土主権や海洋権益を主張する南シナ海で軍事プレゼンスを誇示し、米国を牽制するとともに、今年秋に開かれる中国共産党大会に向けて習近平指導部への国内の求心力を高める狙いもありそうだ。

<< 下に続く >>

 遼寧は昨年末、初めて「第1列島線」(九州-沖縄-台湾-フィリピン)の宮古海峡を越えて西太平洋で訓練を実施。その後は台湾・フィリピン間のバシー海峡を通過し、南シナ海から海南島の三亜の海軍基地に到着していた。

 CCTVによると、遼寧は数隻の駆逐艦とともに南シナ海へ移動。映像では波が高い海域を航行する様子が放映された。

 遼寧の乗組員は、「1日の間に出動できる艦載機が当初の4倍まで増えた」とCCTVに語り、運用能力が大幅に増強されたと強調。また、遼寧の幹部は「2017年は訓練の内容と海空域を拡大し、空母部隊の戦闘力建設を引き続き推進する」と述べた。

プッシュ通知