産経ニュース for mobile

ついにネッシーを発見か 湖底で9メートルの首長竜? スコットランドの観光局が声明

記事詳細

ついにネッシーを発見か 湖底で9メートルの首長竜? スコットランドの観光局が声明

更新

 【ロンドン=岡部伸】ロイター通信によると、英北部スコットランドにあるネス湖底でハイテクの無人探査機が探ったところ、怪物のような物体を発見。謎の生物「ネッシー」との期待が高まったが、46年前に撮影された映画のセットに使用されたネッシーに似た模型だったことが13日明らかになった。

<< 下に続く >>

 地元観光局が明らかにしたところでは、ノルウェーの石油会社が、水深最大230メートルのネス湖の湖底図を作成するため探査を行ったところ、湖底から長い首を持つ9・15メートルの「怪物」を発見した。

 観光局は声明で「ネッシーのような形をしているが、怪物の死骸ではない。沈んだ模型と思われる」と説明した。

 模型は、1970年にビリー・ワイルダー監督の映画「シャーロック・ホームズの冒険」で使われたもので、作品では、怪物のような形をした潜水艦として登場する。このほかに探査では長さ8・2メートルの船の残骸も見つかった。

 ネッシーは未確認動物の代表例として世界的に知られ、1933年以降、多くの目撃例が報告され、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。これまでにネス湖からは、第2次大戦時に墜落した爆撃機、100年前の釣り船、競艇用ボートなどの残骸が発見されている。